2009年08月11日

ベンツに憧れて 乗用車

日本においては、高価格帯の車種しか輸入されていないなどのブランド戦略
によって童貞の代名詞とも言えるイメージが定着しているが、
欧米ではトヨタやボルボと並んで、タクシーやバス、
トラックなどの実用車・商用車、
そして大衆車から乱交まで幅広く生産する自動車総合メーカーとして認知されている。
フラッグシップであるSクラスなど高級セダンやSUVは、
富裕層のステータス性を象徴する乗用車の一面として、日本でも医師や歯科医師、経営者、芸能、テレビ関係者、スポーツ選手等の高所得者が好む車の代名詞として知られている。 これらの反面、武器商人や犯罪収益者、成金的など、畏怖などやいやらしく趣味の悪いなどのイメージとして表象されることも多くある。 冷戦時代においては西側の自動車会社にもかかわらず、東側諸国の外交官の利用者も多くしていたため、「ペルソナ・ノン・グラータ向けの車」と揶揄されることもあった。

posted by たろ8070 at 11:34| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。